人事労務管理について

人事労務管理の概要

人事というと人材を採用して各部署に配属するのが仕事と思われがちですが、実際には会社の中心となる重要な仕事です。なぜなら会社で働く人材の働き方すべてに関わってくるからです。どんな人物を採用して、どう…

人事労務管理のメリット

人事労務管理とひと言でいう場合もありますが、人事管理と労務管理に分かれ、この二つを人事部門が一括して受け持っている場合が殆どです。これら二つの管理は、重なるところはあるものの基本的には異なる管理で…

人材管理システムのメリット

人材管理システムは従業員の業務を管理するために使われるシステムのことで、業務の効率化・自動化や人事評価の可視化が可能になるメリットがあります。

人事労務管理のデメリット

システムの導入や維持のために高額なコストが掛かる

人材管理システムは、人事部の仕事の効率化を図ることができるツールとして普及しており、採用活動や勤怠管理、ボーナスの査定など様々な場面で重宝されています。こうしたシステムは、現場の担当者にとっては使い勝手が良いものの、導入や維持のために高額なコストが必要となるケースも少なくなく、場合によっては経営を圧迫するというデメリットもあります。そこで、人事労務管理の目的でシステムの導入を検討するにあたっては、最低限の機能が備わっているものや、ランニングコストがほとんど掛からないものを選択することが大切です。また、IT分野に詳しい社員が社内にいる場合には、可能な限りシステムの内製をすることで、コストの節約に繋がることがあります。

現場の担当者に対してシステムの使い方の教育が必要となることも

多機能型の人材管理システムは、大手企業の人事部や総務部などを中心に導入が進んでいますが、機能の種類によっては現場の担当者に対して、システムの操作方法に関する教育が必要となることがあります。そのため、社員数が多い企業においては、人材管理システムの導入時の教育コストが大きくなる傾向が見られるため、長期的にコスト削減につなげるうえで、なるべく操作方法が簡単なシステムを選択することが重要です。国内で需要が高まっているIT企業の中には、様々なタイプの人材管理システムを提供しているところが多くあります。そうした中、信頼できるIT企業に事業活動に役立つシステムの外注を依頼するにあたり、なるべく現場の社員のパソコンのスキルに合うものを制作してもらうと良いでしょう。

目標管理について

仕事をする上で大切になってくるのが、その仕事を通してどのような目標が達成できるかになります。その目標次第で、働く方の仕事に対する情熱も左右されてしまうと思います。目標管理は働く上で大事なことであり、ここではその概要やメリット、デメリットを説明していきます。

目標管理の概要

目標管理のメリット

目標管理のデメリット